Entries

本日のおやつ

本日のタクティクラボのおやつ

代表より頂きました たいやき

IMG_5197.jpg

しっぽまであんこぎっしり美味しかったです。
ごちそうさまでした!

春はあげもの。

井川遥と清少納言がそう言うなら間違いない。
春は近い!と確信するスキンヘッド親父です。

季節は勝手に変わるものと思っていると、
案外そうでもなくて、合意形成が必要だったりします。
特に春は。
「今日はあたたかいですね」
「ほんとに」
なんて挨拶を交わし合っていると、あら不思議。
いつの間にか春が隣に座っていたりします。

だから、ひとりぼっちの人が、
なんだかちょっと着ているものも横顔も、
少しだけ季節遅れな感じがするのは、
季節を話せる相手がいないからじゃないかな。

さて、本日の親父弁当。

弁当_0304

キーマカレー目玉焼き載せ、にんじんとしめじのサラダ添え
穴埋めに正体不明の冷食(左下)が1個

「今度の週末はお弁当箱を買いにいきましょう」と今朝の妻。
このまますんなりと春になればいいんですが、トゥモロネバノウズとも。

  約束はしたけどきっと守れない ジャングルジムに降るはるのゆき  穂村 弘

また長くなっちゃった。
さあ、いただきましょう!

黒田の下町散策日記

初ブログ。生まれも育ちも下町の黒田です。

無性にホットケーキが食べたくなってしまった休日の朝。

地元には既に何軒かホットケーキを出す大好きな喫茶店があるのですが、
ちょっと前にネットで話題になり気になっていたお店に行ってみる事にしました。


お目当ては、五枚重ねホットケーキ。

IMG_5153.jpg

IMG_5154.jpg

パンケーキではなく、
ずっしりホットケーキの五枚重ね。

小さい頃に憧れた絵本に出てきそうなホットケーキ…
上からシロップをかける時の幸福感といったら!(写真を撮り忘れてしまって少しションボリ)
パターはカルピスバター使用の為、たっぷり塗ってもあっさりいただけました。

デザートにはプリン。
なめらか柔らかタイプではなく、
固めほろ苦カラメルの王道プリン。
IMG_5152.jpg

うーん。どれも大好きなメニューでした。

他にも、色々な種類から選べる紅茶がポットサービスで出てきたり紅茶派の私はとても満足。
たくさんホットケーキが食べたくなったら、真っ先にオススメするお店です。

浅草「ミモザ」
http://www.asakusa-mimosa.com/

真冬のビスコッティ

まだまだ寒い日が続きますね。
はた目にも寒い、ぴかぴかのスキンヘッド親父です。

前回の書き込みを読んだKナコから、
ブログタイトルが「休日」なのにどうして、という指摘がありました。
弁当はココロの休息なのだから外れてもいないのさ、と親父。
だからというわけでもないけど、今日は休日の話。

バレンタインデーが近づきましたね。
わが家の娘らもなんだかソワソワ。
そのソワソワにつられて、昨日は親父もスイーツを作ってみたくなりました。

頑張らずにあり合わせの材料でできるヤツということで、今回はビスコッティです。
ほら、イタめし屋で見かけたことがあるでしょう、素朴な硬い焼き菓子。
ビス(bis)は2度、コット(cotto)は焼くという意味で、
2度焼いて硬く焼き締めたイタリアの伝統的なおやつです。

基本、薄力粉と玉子があればOK。
ベーキングパウダーがあれば使ってもいいし、
なければ玉子を白くなるまで溶いてやればいいだけ。
あとは、昨夜のつまみの残りのバタピーとかアーモンドのナッツ類や
ドライフルーツを混ぜてやってもよし。何も混ぜなくてもよし。
味付けもお好みで甘くしたり、プレーンのままにしたり、いたって自由なのです。

今回、親父は冷蔵庫の隅っこでしばらく出番のなかった塩トマトを刻み、
ほんのり甘いビスコッティにしました。

オーブンのバットにクッキングシートを敷き、
その上に混ぜ合わせた材料を楕円形のお好み焼きのように置いてやったら、
180度で10〜15分。これが1度目の焼き。
手で持てるくらいに冷ましたところで、1センチ幅にスライスし、
今度はスライス面を上にして2度目の焼き。
2度目は160度で5〜10分。硬いのがお好みなら、もう少し焼いてもいいね。

こうして出来上がったのが、こちら。

ビスコッティ_0,212

写真がかっこいいので名前を付けてあげましょう。

「真冬の遅い午後の香りがする塩トマトのビスコッティ」

「の」がいっぱい付いてうれしそう。
ホイップクリームをちょこっとのせて美味しくいただきました。

そのうち、娘の友人のJKが集まってきて、
あっという間になくなってしまいましたとさ。
だからお裾分けもないのでした。

また長くなっちゃったね。
さあ、仕事!仕事!

今日の弁当

はじめまして。
デザインチーム係長、スキンヘッド親父です!

週日はデザイン親父として新人の娘っ子らを鍛え、
週末は一家の主夫として三度の食事のお世話をしてますが、
今日は弁当の話。

昨年師走あたりから親父が弁当を持参しはじめると、
デザインチームにはなんとなく弁当が定着。
昼時になると会議室ランチのOLにハゲ頭が混じる
ちょっとへんてこな風景が繰り広げられております。

親父とTモコは手作り弁当、Mズホは母親のお持たせ弁当、
Sオミは近所に出没するランチ屋台の購入弁当と
それぞれの事情弁当を持ち寄って、
他愛のないバカ話をしたりしなかったり、
パクパクのほほんと小一時間が過ぎていくのです。

これはなかなかいいものですね。

一人暮らし、残業、飲んだくれ等々、
日頃、家庭の食卓から遠ざかっているわれわれには、
かりそめの団らん気分を味わえる貴重なひとときなのかもしれません。

親父の弁当(2月4日)


さて、今日の親父弁当は・・・。
出汁巻き玉子、豚肉のマヨ炒め、
茹でたスナップエンドウ&キャベツ&ウインナー、
かぼちゃ煮、サーモンのクリームコロッケ、白飯の上には
パラリとふりかけ、大きめの梅干しもひとつ載っています。

出汁巻き玉子は欠かせないので毎朝せっせと焼いていますが、
かぼちゃ煮は昨日の夕飯の残り、クリームコロッケは冷食。
がんばり過ぎず、余りものや冷食のチカラを借りるのは長続きの秘訣です。

週末にはきんぴらやひじき煮を作り置きしているのですが、
気がつけば家人に食べ尽くされており、
今日は茹で野菜を追加し、助っ人たちのチカラも借りました。
今頃、妻や娘もどこかで同じ弁当をひろげていることでしょう。

そうそう、今日のふりかけは広島名物、田中食品の「旅行の友」。
どこのスーパーでも手に入るごくごくありふれたふりかけですが、これがおいしい。
静かなマイブームで、トーストやパスタにもふりかけたりしてます。

長くなっちゃたね。
それでは、いただきまーす!

Appendix

プロフィール

ぐう

Author:ぐう
渋谷区千駄ヶ谷にある広告制作会社です。企画立案、プレゼンテーション、実施制作、ブランディング&プロモーションまで幅広く広告制作業務を行っています。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR